美味しいと感じるには適度に空腹感が必要

 

痩せる食事のタイミングとは、空腹感を適度に感じたタイミングになります。空腹感が全くないのに食事をしますと美味しく感じません。その場合食事による快感が湧きにくいのです。結果食事による満腹感の感覚すら鈍くなってしまいます。食事を摂ることの快感に敏感になることで満腹感を研ぎ澄ましていきます。満腹感が研ぎ澄まされますと必要以上に食べることがなくなります。

空腹感を我慢し過ぎてはいけないし、無理して食べてもいけない

 

適度な空腹感を感じてから食事をしますと味覚だけでなく嗅覚、視覚、触覚とあらゆる感覚が食事を通して満たされます。

この満足感が満腹感になります。あらゆる感覚が満たされることで欲求が満たされるのです。ゆっくり食べること、空腹感を感じてから食べることこの2つに気をつけますと一回の食事から得られる満足感が高まり満腹感を得やすくなるのです。

結果、食べ過ぎるということがなくなります。

 

食事をするときの雰囲気を大切にする

 

適度な空腹感も重要ですが、さらに満腹感を得やすい食事方法は、食事を摂る時の雰囲気です。出来る限りリラックスでき、早食いしたくなるような慌ただしい雰囲気を避けることで食事の満足感を高めていきます。結果満腹感を得やすくなります。
ファーストフードなど時間に追われるように摂った食事は精神的な満足感を得にくく、それが量に走る要因になります。

 

噛む運動を繰り返せば「セロトニン」や「ヒスタミン」の分泌に

 

急かされるように食べますと、しっかり噛むことで分泌される幸福物質「セロトニン」や刺激物質「ヒスタミン」が不足します。これらの物質は食欲を抑えてくれる働きをしますがこれが働かないことになります。過食に走りやすくなるのです。また唾液には「パロチン」と呼ばれる皮膚や歯の修復作用を促す成長ホルモンが含まれていますがこれも早食いでは分泌量が低く老化に繋がります。

時間に縛られて食べたり、慌ただしく食事を摂りますと満腹感と幸福感が得られにくくなるのでその分食事の量が増え太りやすくなります。

当院では骨格の歪みを矯正し基礎代謝を向上、経絡の流れを手技で是正、気の流れを整え痩せ体質を作ります。さらに痩せるための食生活アドヴァイスで両極から美脚作りをサポートします。

 

※当院の下半身太り・脚太り解消整体メニュー