炭水化物を避ければ反動でジャンクフードに向かう

 

炭水化物を敵視して避けますとその反動でジャンクフードに手が伸びいてしまいます。それはジャンクフードは精製加工食品が多くこれらは食べた瞬間、糖を体内に取り込めるからです。

また脂質を避けていますとその反動でこってりした濃厚なジャンクフードを欲しくなります。脂質が不足しているためバターなど乳製品を求めているのです。

アイスクリームを求める人は炭水化物と脂質を避けているからかもしれません。

スナック菓子が止まらない人は?

 

スナック菓子が止まらない人は、炭水化物、脂質、そしてうま味(アミノ酸)と塩分を求めています。スナック菓子で摂ったうま味は化学調味料ですから身体の栄養にはなりません。ですからどんなに食べても栄養は吸収されず止まらなくなります。
うま味を欲しがるのならば良質のタンパク質を摂取し身体にアミノ酸を満たすことが本来重要なのです。

特定の味に飽きたならばその栄養素は満ちている

ジャンクフードを避けるために栄養価の高いリアルフード、ライブフードは重要ですが同じ物ばかりを食べることはお勧めできません。なぜならば同じ物は必ず飽きます。それはその食材で摂れる栄養素は身体に満ちてくるからです。そして同じ物ばかりを食べることで特定の消化酵素ばかりが使われ身体も疲れるのです。

ジャンクフードは脳の栄養と思えば、、上手く付き合える。

お酒やタバコ、お菓子やジャンクフードはそれ自体は栄養素が偏り、また食べることで体内に炎症を起こし、決して身体に優しいものではありません。ですが人間はあらゆるストレスを抱えその場その場でそのストレスを上手く回避したい動物、ジャンクフードやフェイクフード、お酒やたばこは無理に絶食するのではなくそれを求める心身の疲労を認め上手くつきあっていく方が賢明です。