調味料なく美味しく食べれるのはフルーツ

 

なぜフルーツが最も痩せる食材なのか?それは最も食べやすい食べ物が最も体に良い影響を与えるという単純な理由で説明がつきます。

ありのままの食材で調味料なしに美味しい食材はフルーツなのです。例えばお肉は調味料無しに美味しく食べることはできません。ご飯もやはりなにかオカズが必要です。野菜もドレッシングをかけるはずです。フルーツだけがそのまま美味しく食べることができます。

身体はフルーツをありのままに美味しく感じるわけです。その他の食材は条件付きで美味しくなります。

そのような点からも解るようにフルーツこそが体に最も優しい食材でありそれはそのまま痩せる食材でもあるのです。

フルーツがそのままで食べやすく美味しいのはなぜか?

 

フルーツはなぜそのままで美味しくまた食べやすいのか?フルーツには食物酵素が多量に含まれてるのと同時に貴重なエネルギー源である多糖が豊富に含まれています。この酵素と糖を両方含むのがフルーツなのです。食物酵素を含み消化がスムーズであるだけでなくさらに糖という重要なエネルギーも含んでいます。

その他の食べ物は大抵調理したり調味料を使わないとフルーツほど美味しくは食べれません。身体に優しい食材ほどありのままで食べれるというわけです。

そのままで食べやすい物ほど痩せやすく加工しないと食べれない物ほど太る

 

ありのままで食べれる物(フルーツなど)ほど消化吸収が楽なため身体の負担が少なく痩せやすい傾向にあり、火を加えたりボイルしたり調理に時間がかかる物ほどありのままの状態から離れるため消化吸収に時間がかかります。消化酵素が含まれてませんから。

痩せたい時は先ずはありのままで食べれる物(フルーツや野菜)を優先して食べるように心がけます。
次いで調理した食材を食べます。あくまで自然の状態に近い物から優先して食すことで消化酵素の分泌を抑え代謝に酵素を利用できるわけです。

入院するとフルーツをお見舞いとして持参するのは理にかなっている

今は分かりませんがかつて入院した方へのお見舞いはフルーツが定番でした。かつてフルーツは高価であり入院した時にしか食べれない物だったのかもしれません。

ですが弱った時にフルーツを食すのは理に合っています。消化するのにエネルギーを使うことなくさらに重要なエネルギー源である糖をふんだんに摂取できます。

消化に優しい物だと多量に食べれてしまうため太ると考える方もいるかと思いますが実際には消化が楽なフルーツは消化酵素を使わなくても良いため代謝酵素を使え解毒や排泄活動を積極的に行えるのです。