太ももの緊張は腰痛に繋がる

太ももの緊張は腰痛に繋がります。太ももの過度な緊張はそのまま骨盤周辺の筋肉の緊張をもたらし骨盤がロックされます。そうなりますと骨盤上の腰椎は固まった骨盤の上に乗った状態となり結果無理やり動作をしようとした時に腰椎が過伸展を起こして亜脱臼を起こすのです。ですから腰痛改善の最も早急な改善策は太ももも筋肉の弛緩になります。

 

美脚になると腰痛がなくなるのは当然のこと

ですから当院で美脚のために施術を行っていきますと腰痛がなくなってきます。美脚作り、足やせには太ももの過度な緊張の弛緩は必須条件でありこれを行うことで美脚になるとともに腰痛も改善されるのです。多くの方は腰痛は腰が悪いと考えていますが腰は被害者であり腰を悪くする原因は骨盤周辺、太ももの過緊張です。

 

ヘルニアなどコアマッスルの欠落が引き起こす腰痛もある

腰痛にはコアマッスル、体幹の欠落が引き起こす腰痛も存在します。この場合どんなに太ももや骨盤周辺の筋肉を弛緩させても即効性のある効果を出すことができません。コアマッスルを作り直すためには絶対的にコアを伸ばす必要があるのです。コアを伸ばし、捻りコアに直接的に刺激を加えていくしかないのです。腰痛が進んだ状態ではコアの再構築を腰痛改善に加えます。

 

結局のところ太もも外側が肥大化しコアが不足しているのは下半身太りも腰痛も同じ

結局のところ下半身太りに悩む方も、腰痛に悩む方も外側が肥大化しコアが不足しているという点では同じことです。外側は大きくせり出し内側が弱体化し骨盤周辺が肥大化しコア、インナーユニットが不足することで下半身太り、腰痛は引き起こされます。

 

<関連ページ>

※当院の腰痛改善メニュー