ほとんどの方の身体は太りたがっている

人類の歴史の中で、最も重要な課題は飢え、飢餓、空腹でした。そのためこの飢餓を克服することが人類の最重要課題であったわけです。人類の身体は飢餓を乗り越えるように凄まじいシステムで構築されています。

例えば、数日間食事を我慢した場合、身体はすぐに代謝を落とします。そして身体の中で最もカロリーを消費する筋肉を落とすわけです。

そして精神面でもやる気を落とさせ、行動を自制させます。
このようにして身体は瞬時に省エネモードに突入、脂肪燃焼力を落とし飢餓を乗り越えようとするわけです。

食事制限のダイエットが上手くいかないのは当たり前

 

食事制限ダイエットが上手くいくパターンは一つだけです。それは不必要な体脂肪をその方が保有していた場合のみです。

ですが実際には不必要な体脂肪は存在しません。身体が今現在必要と判断しその体脂肪を保持しているからです。食事制限ダイエットは必要な体脂肪を一時的に強制的に落とすことで、リバウンドが約束つけられているのです。

体脂肪を減らすには身体に栄養をみなぎらせなければならない

体脂肪を減らすには、逆に身体中に栄養をみなぎらせなければならないのです。体に栄養がみなぎることで身体は初めて体脂肪を落とすことを許可します。身体の許可なしには体脂肪は絶対に落ちません。一時的な降下は別にして、長期的な降下は栄養面の充実なしにありえないのです。

栄養を身体中にみなぎらせるために、整体、ヨガ、食事療法がある。

栄養を身体中にみなぎらせるためには大きく分けて二つの方法があります。一つ目はバランスの良い食事を積極的に摂ることです。これは当たり前の話です。ところがこのバランスの良い食事を現代人の多くは摂れていません。では何が不足しているのか?それがリアルフードと呼ばれる生の食事です。生のフルーツ、野菜、お肉、魚です。多くが加工食品と化し加工された食品を摂取しています。ですからビタミン、ミネラル、生命力が不足しています。

もう一つの方法が整体、ヨガなど身体の動きを柔軟にすることで栄養を循環させる方法です。気・血・水は先ず関節で流れが制限されます。ツボと呼ばれる場所はエネルギーの滞りが見られる場所です。これらの箇所を運動療法で解消する方法が、ヨガや整体、按摩マッサージと呼ばれる療法です。

バランスの良い食事、そしてその食事吸収した栄養素が身体中の各細胞にくまなく届いた時初めて身体は体脂肪を落とすことを許可します。