コアマッスルって何?

コアマッスルとは深層筋です。骨格支持筋です。
この筋肉が体を支えています。背骨に繋がっていて背骨を支持しています。具体的には横隔膜、多裂筋、骨盤底筋群、腹横筋で身体を支えています。

コアマッスルが発達すると美脚になる?

この筋肉が発達しますと姿勢が良くなります。骨格が立ちます。堂々としてきます。そして姿勢が良くなることで歩きやすくなっていきます。
結果的に足の負担は減少し美脚になっていきます。

コアマッスルが落ちるとどなるか?

コアマッスルが落ちていく、劣化していきますと身体を筋肉で支えられなくなっていきます。身体は歪み、最悪の場合骨で身体を支えるようになります。これが行きすぎますとヘルニアなどになっていきます。
体が歪んだ状態は大変歩きにくい状態です。足の筋肉に負担がかかる状態です。そのため脚は太くなっていきます。
肩コリにもなりますし、それに伴う頭痛なども引き起こします。

コアマッスルが衰えると疲れやすくなる。

コアマッスルが衰えますと身体は歪みます。そして体幹ではなく末端で作業を始めます。身体の使い方として中心、体幹、コアで動く方が効率が良いのです。
そのため末端での作業は疲れます。立っているだけで疲れます。歩くだけでも疲れます。
末端をフル活用するため腕も足も太くなっていきます。