食事療法やウォーキングダイエットが効かない身体がある

東洋医学でいう陽実のタイプの方は、食事ダイエット、ウォーキングダイエットなど各種ダイエットがなかなか効きません。身体が硬く筋肉質で、エネルギーも大きい、そのような陽実タイプの方は、ただ歩くだけ、走るだけ、食事を制限するなどしても効果がでにくいのです。身体が硬い方にとって有効なダイエットこそ、ストレッチです。身体を柔らかくすることで身体のバランスが変わり、痩せていきます。

 

硬い身体の人は溜め込みやすい

身体が硬く筋肉質の身体は、食事も溜め込みやすく少量の食事でも太りやすい傾向がありますから、無理な食事制限はあまり効果を生みません。多少無理して一時的に痩せても、少し食事を増やせばすぐにまた太ります。さらに陽実タイプの方は、筋肉が非常につきやすいため、無駄な筋肉が多く、その無駄な筋肉を支えるためにさらに無駄な筋肉が付くというメカニズムに入っています。

 

先ずは一箇所太もも前の筋肉を柔らかくすれば、理解できる

身体が硬く筋肉太りの陽実の方は、先ずは太もも前の筋肉をストレッチすれば身体が痩せることを実感できるはずです。この筋肉は最も即効性が高く、身体を変えることが出来るのです。身体の中でも最も大きな筋肉でもあり、またこの筋肉の異常発達は身体のバランスを崩し、それにともないあらゆる無駄な筋肉が形成されます。

 

筋肉太りはストレッチが最重要

筋肉太りの方にはとにかくストレッチが有効なメソッドになります。歩いたり走ったりすれば、益々筋肉が大きく盛り上がり、脚は太くなっていきます。身体が硬く不具合を生じている身体でダンスをしたり歩いたり走ったりと益々負荷をかけても、より体はおかしくなっていくだけで全く痩せません。身体の体質を見極めた痩身プランを考えなくてはならないのです。