正しいエクササイズは貯め込みモードをリセットする

 

体脂肪を貯め込んでサバイバルしようとする身体を、体脂肪を手放しスマートになることでサババルしようとする身体に変化する最も重要な要素は、エクササイズになります。

正しいエクササイズは身体を根本からパラダイムシフト出来るのです。周囲を猛獣に囲まれていれば脂肪は邪魔になります。身動きが早い方がサバイバル出来る可能性は高まるからです。

 

栄養分をしっかりと摂ることが出来ればエクササイズが決め手になる

 

栄養面を充実出来ていれば猛獣から逃げれる身体はよりサバイバルに適しています。スリムであることがサバイバル能力を高めるのであれば身体は積極的に脂肪を手放していきます。

スリムであることが重要であることを体に思い出させる方法こそが、ストレッチやヨガになります。あらゆる動き、ポーズを行いますと脂肪が邪魔になります。動く時に脂肪が邪魔であることを体に教え込んでいくわけです。何度もポーズを繰り返すことで身体は脂肪を手放すことを決めます。

 

脂肪手放しモードになってしまえばダイエットは卒業

 

身体が脂肪を手放したいのであれば脂肪を減らすことは容易なことです。身体が脂肪を手放したいのですからエクササイズをすれば直ぐに痩せますし、食べ過ぎても放っておけば元の体重に戻るわけです。

安易な食事制限ダイエットよりも、脂肪手放しモードの体は脂肪を手放すスピードが圧倒的に異なります。

 

寝るだけで痩せてしまう身体を作る

 

ストレッチやヨガだけで身体の脂肪を手放すことは長いスパンが必要になります。なぜならば多くの方は心身共に栄養失調状態なのでストレッチやヨガを行ってもなかなか脂肪手放しモードに切り替わらないのです。

ストレッチやヨガで先ずは圧倒的に健康になり、心身の栄養失調を同時進行で改善することでスリムになることでサバイバルしようとする脂肪手放しモードに切り替わります。