ゴリラは一日中フルーツを食べている

 

ゴリラは一日中フルーツや野菜を食べていますが彼らは筋肉隆々、無駄な脂肪も付いていません。人間はゴリラや猿から進化しましたが97パーセントの遺伝子は一緒です。内臓などほぼ同じ作りをしています。人間はフルーツを食べても力が出ない、パワーが湧かない、というのは嘘です。

 

ガムや清涼飲料水にはフルーツの味付けがなされている

 

ガムや清涼飲料水の多くはミント味、アップル味、パイナップル味、レモン味と果物の味付けがなされています。それはなぜか?身体はフルーツを純粋に求めているのです。この欲求に素直に従うことで身体は満足し脂肪を手放してくれます。身体をフルーツの飢餓状態にしてはいけないのです。

お肉の味付けもレモンをかけたり、アップルソース、ミントソース、ピクルスなど果物や野菜で味付けします。

 

お肉はニンニク風味があるがフルーツのニンニク風味はない

 

お肉にはあらゆるハーブや調味料などが必要ですが、フルーツにハーブや調味料をかけることはありません。それはお肉はそのままでは不味いのですがフルーツはそのままで美味しいからです。身体は純粋にフルーツを求めているのです。お肉は条件付けで求めます。

果実の90パーセントは水分という奇跡

 

食べ物を消化吸収排泄するには水分が必要なのは何度も説明しました。果実の素晴らしいところは水分を果実の中に含んでいる点です。果物はその他の水分を摂取しなくてもそのままで消化吸収排泄が可能なのです。水分不足になりません。これほどの完全食をダイエット、脚やせに使わない手はないのです。

身体は何か貴重な栄養素が体内に不足すると栄養素を使うのではなく貯め込もう、エコモードになってなるべく使わないようにしようとします。これで身体は太るのです。フルーツなどの完全食を主体にすれば身体は安心して痩せてくれます。