下半身から中心に向かっていくポーズの完成度

先ずは下半身から。下半身は身体の土台です。背骨が体にとって最も重要な屋台骨ならば下半身はそれを支える基礎です。この基礎が崩れていればいくら屋台骨である背骨を調整してもすぐに身体は崩れます。背骨を調整することで身体が圧倒的に流れるのは確かですが下半身の安定はその状態を維持するために大変重要な役割を果たします。

下半身が安定していれば身体は容易には崩れない

 

体調が安定しない、気分にむらがある、これら不安定さと下半身の不安定さは比例します。体調が良くも悪くも外的要因に左右されやすい人は下半身が軟弱かつ歪んでいる可能性があるのです。上半身には背骨があるためトレーニングにしてもストレッチにしても即効性はあるのですが安定感が弱いのが弱点です。肋骨から下を全て下半身と捉え時間をかけて調整することが重要になります。

体幹は下半身の一部、体幹までを歩行に使える体

 

多くの方は体幹を上半身と捉えますが私は体幹を下半身の一部と捉えます。肋骨から下は全て下半身であると。そうなりますと上半身とは肋骨から上になりますから身体のほとんどは下半身という形になります。そうしますと歩くとい行為は全身運動に変わります。ほぼ全身を使って歩くようになるため歩くたびに代謝が上がり痩せます。

先ずは脚の中心で立てる身体に、そして体幹を使いこなす

 

当院では開脚のポーズをスムーズに出来る身体を作っていくことで外側重心から内側重心に身体を切り替えます。外側の無駄な筋肉を削ぎ落とし内側で力強く立てる身体を構築します。
さらに体幹にあらゆる刺激、負荷を加えていくことで体幹を自由に使える身体に導きます。脚の中心、内側、背骨を中心とした体幹、コアマッスル、インナーユニットを使いこなすことで歩くだけで痩せる身体を作ります。