40歳を過ぎると脂肪を減らすホルモンが減少する

 

人は40歳を過ぎるとホルモンバランスの関係で体脂肪が付きやすくなります。脂肪を減らす方向に働くホルモンの分泌量が減ってしまうのです。ホルモンのことを無知であれば同じ生活をしていても太ってしまうのです。ここで多くの方は食べ過ぎなのでは?と安易に食事制限を行いドツボにハマります。

身体の意志はホルモンを通じて達成される

 

身体が太りたがっていれば身体はホルモンを操作して身体を太らせます。
身体が痩せたがっていれば身体はホルモンを操作して身体を痩せさせます。

そこに加え女性は40代に突入すると身体は閉経に向けホルモンバランスが変わっていきます。ホルモンバランスが変わってきているのに今までと同じ生活、食生活ではナチュラルに太ってしまうのです。

 

女性が下半身に脂肪を付け、男性が腹部に脂肪を付けるのもホルモンの影響

 

女性が下半身に脂肪を付けやすく、男性が腹部に脂肪を付けるのもホルモンが影響しています。ホルモンバランスの正常化無しに健康的な脚やせはありえません。

どの場所にどのぐらい脂肪を付けるかにホルモンが関わっている以上、ホルモンに対する正しい知識を付けなければ間違った方向に進んでしまう可能性があります。

 

下半身やせに関係するホルモン

 

下半身やせに関係するホルモンを列挙しますと女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)甲状腺ホルモン、成長ホルモン、コルチゾ―ル(抗ストレスホルモン)セロトニン(幸福ホルモン)インスリン、レプチンなどがあります。

これら多様なホルモンが複合的に協力しあい下半身の体脂肪率をコントロールしているのです。

当院では美脚作りの一環として、ホルモンバランスの調整を施術、食事指導でサポートします。
身体の歪みを摂り除く、経絡バランスを調整、ホルモンを安定させる食事摂取で脂肪を手放す身体へ、美脚への土台を作ります。