足が太くなるのは体幹が弱っているから。

体幹が弱くなると脚は太くなります。なぜなら体幹が弱っている身体は末端が中心の身体になるからです。
末端とは足や腕を意味します。
体幹は胴体です。この胴体がどこまで充実するかが重要です。

 

体幹とは体の中心,末端とはシーソー関係

 

体幹が充実しますと末端は小さくなります。細くなります。足や腕は細くなります。体幹が小さくなると末端が大きくなります。太くなります。
腕や脚は太くなっていきます。

体幹を構成する筋肉は

 

体幹を構成する筋肉は、多裂筋、骨盤底筋群、腹横筋、横隔膜です。
これらの筋肉が連携を取って体幹を形成します。これらの筋肉が充実しますと身体は痩せます。

 

なぜ最近体幹が注目されているのか

 

スポーツジムに通っても下半身が大きくなっていく年齢があります。
痩せるのは上半身のみです。下半身はダイエットをする度に大きくなっていきます。骨盤の歪み癖が完成しますと下半身は痩せなくなります。上半身だけが痩せます。
体の歪みが大きければ大きいほど上半身だけが痩せます

 

<関連ページ>

※コアマッスルとは?

※便秘は体幹の筋肉欠如の証明、美脚の敵

※体幹に効かせるストレッチが難しい理由