体の崩れを脚を組むことでバランスを取っている

体が崩れてくると脚を組んで座りたくなります。これは体幹がなくなることで中心軸で体を維持できなくなることにより結果脚を組むことで無理やり中心に軸を形成しているのです。体幹にぐっと力を入れて座れるようになりますと足を組まなくても体は安定するために組むことを忘れます。

 

脚を組むことが悪いことではなく組まなくても安定する体を作る

脚を組むことが悪いのではありません。足を組む必要のない体を作りあげることが重要なのです。体は必要のない動作をしないので体幹が出来てきますと脚を組みたくなくなるのです。当院では体の無駄な緊張、癒着、筋疲労を取り除くことで体幹に自然と力が入る体を作り出し脚を組まなくても自然といられる体にしていきます。

 

脚を組まないから美脚なのではなく組まなくても大丈夫な体が美脚を作る

脚を組まなくてもバランスがとれている体を作っていきますと体幹で立ち、体幹で歩く体にシフトしていきますので自然と末端(脚)の負担が軽減されて無駄な筋肉が使われず美脚になっていきます。体幹主体の体は体幹から鞭のように脚を使って歩き、また立てるので実際は足の筋肉をほとんど使わないのです。当院では脚を組まなくても自然体でいられる体幹主体の体を作り出し下半身太り解消を行っていきます。