便秘の人は体幹がない

 

女性に多い便秘の症状。これ体幹が欠如している一つの証拠です。
内臓下垂していますと腸の動きが悪いだけでなく、排便のための動きが弱くなります。深層筋であり、コアマッスルであり、体幹を形成する腹横筋が欠如しますと腸の動きも悪くなり便秘傾向になります。太腿の前の筋肉が肥大化し、過緊張していいて骨盤が前傾してしまっている人は、お腹側の体幹が弱っていますから便秘になりやすいのです。

 

先ずは骨盤の前傾を改善

 

骨盤が前傾していてはお腹に力が入りません。前傾を作り上げている前太腿の過度な緊張を取り除く必要があります。この前太モモ筋、ヒールを履く方は圧倒的に固く縮んでいます。
この緊張をストレッチと、整体施術で取り除きますと骨盤の前傾は改善されニュートラルポジションに戻ります。

 

骨盤がフラットになることで体幹に力が入りやすくなる

 

骨盤がフラットになりますと体幹に力が入りやすくなります。その上でこの腹横筋にストレッチや整体押圧を加えることで腹横筋を再活性させます。腹横筋は腹直筋
、腹斜筋のさらに下にある最深部にあります。この筋肉は恥骨からスタートし肋骨まで身体を覆うように存在します。この筋肉がギュッとトからが入ることで天然のコルセットのように体が締まります。

 

腹部に力が入ることで排便がしっかり行われる

 

この筋肉は、腹筋の一般的な筋肉トレーニングでは強くなりません。身体を捻ったりすることで再活性されます。
ヒールを履いている方はほとんどが骨盤が前傾してしまっています。ということはヒールを履くほとんどの方が便秘もしくは便秘予備軍ということになります。

逆に体幹をしっかりつけて美脚を目指していきますと、便秘から解放されていきます。