整体もヨガも背骨を重要視する理由

 

整体においてもヨガにおいても最終的には背骨の重要性に辿り着きます。背骨沿いを最重要エネルギーラインと捉えこのエネルギーラインの流れが滞ることなく流れることを目指します。

背骨には生理学的には髄液が流れこの髄液の中を神経が流れます。神経は身体の司令塔の役目を果たし身体をコントロールしているのです。

ヨガではこの背骨のラインを大きなナーディ(生命力の流れ)が通ると考えますし、気巧や東洋医学でも督脈、任脈が流れこの流れが上手くいくよう整えます。

ただストレッチ、ヨガをするのではなく背骨を意識する

 

巷で浸透するストレッチやヨガはポーズに拘りますが、出来ればポーズ以上に背骨を意識することで結果の出方が変わります。背骨に効くようにストレッチ、ヨガを行うことでエネルギーの循環レベルが飛躍的に上がります。爽快感が変わります。エネルギーが湧きあがっていきます。

背骨が整うということは立派なビルが建っているようなもの

 

下半身を建物でいう基礎と捉えることはこのブログでも再三お伝えしてきましたが、上半身は上物であり、ビルや建築物です。
基礎である下半身を整えさらに上物、ビルである上半身を整えることで完成します。この上物の大黒柱、中心にある柱こそが背骨にあたります。

この背骨を意識してストレッチやヨガを行うことで基礎である下半身を整えながら上物である上半身を整えることができます。

背骨を整えるには深層筋まで効かせる

 

背骨は深層筋、インナーマッスルで支えられています。この背骨を整えるためには身体の奥深くにある深層筋、インナーマッスル、コアマッスル、インナーユニットを意識した体作りが必要になります。ヨガやストレッチのポーズを深層部に効かせていくことで背骨の詰まりは解消され神経レベルで身体は整っていきます。

当院では背骨を意識した施術を行います。下半身を整え骨盤の傾斜をリセットした上で深層筋、コアマッスル、インナーマッスル、インナーユニットまで効かせる施術を行います。これら深層部が意識を持ち背骨を強く支え始めると身体は高いレベルでキープされます。