私の経験上、内股が強い人は先天的に脚が太りやすい傾向に

私の経験上内股が強い人は股関節が弱く先天的に脚が太りやすい傾向にあることは事実です。股関節のハマりが弱くそれを補うような形で外側に大きく張り出すような形で筋肉が覆っています。この筋肉があるから歩けているわけですがこれを長く続けていますと歩けば歩くほどに内股、脚の内旋が強くなっていきます。

 

先ずは硬くなってしまった筋肉をほぐす

内股を改善していくためには先ずは硬くなってしまった外側の筋肉をほぐさなくてはなりません。あまりに強固に硬くなってしまった外側の筋肉を先ずはほぐすこと、リセットすることで股関節の詰まりを無くしていきます。無理やりストレッチを行っても股関節を壊してしまいます。ストレッチで一気に痩せるように促すのではなく硬くなってしまった外側の筋肉から徐々にリセットしていきます。

 

内側、裏側の筋肉はほとんど機能していない

内股が強い方の特徴は太もも外側、前面の筋肉が過度に緊張を起こし、内側、裏側の筋肉が全く使えていない状態になっています。この状態が長く続きますと内股が完成されます。もともと日本人は着物文化であったため内股が強くこれが遺伝を通じてそのような癖が付きました。ですから日本人の内股は外国人の内股とは異なる点があります。