美脚筋である内転筋が発達すると内腿に隙間が出来る。

 

O脚は別として美しい脚は、内腿に隙間が出来ます。この理想の隙間を作っている筋肉こそ美脚筋こと内転筋です。内転筋の発達がやはり美しい脚の基本です。

内転筋は放っておけば弱くなります。座りっぱなし、立ちっぱなし、内股などあらゆる生活環境の弊害で弱っていきます。

 

O脚で内股に隙間がある場合、付け根の部分に隙間が生まれる。

 

内腿に隙間があるケースと、O脚は異なります。O脚の隙間は大腿骨が外側に張り出しているので脚の付け根の部分から離れてしまっています。

内転筋が発達した美脚の隙間は太腿の中心部分が綺麗に離れます。

 

なぜ内転筋が発達すると太腿に隙間が生まれるのか?

 

内転筋が発達しますと発達した内転筋群の周りの皮下脂肪が燃焼します。
結果的に皮下脂肪が消え、筋肉の形が形成されます。それにより隙間が発生します。
内転筋群が発達することでO脚やX脚が改善されそれにより一時的に脚はピッタリと密着します。この状態が続きます。次第にその部分の皮下脂肪が燃焼することで太腿に隙間が形成されます。

 

筋肉の発達に伴う隙間は美しい

 

筋肉が発達することで形成される隙間は美しい弧を描きます。
特にインナーマッスルが発達しアウターマッスルが削ぎ落とされた身体は丸みを帯び女性らしい柔らかさを作ります。

丸みを帯びた身体に出来る隙間は立体感を作り女性の身体のフォルムを美しくします。

 

<関連ページ>

※内転筋が美脚(脚やせ)筋と呼ばれる所以

※骨盤底筋群という美脚のキモ