身体が冷えると冷えを解消するために食べ過ぎてしまう

 

冷えた身体を解消するために食べ過ぎてしまういう仕組みがあります。身体を温めようとする身体の本能から食べてしまうのです。冷えているよりも身体は食事を摂って身体を温めることを優先するのです。

もちろん、それによって食した過剰エネルギーは皮下脂肪になって身体を温める断熱材になります。

 

解決方法は、食べる前に別の方法で温める

 

冷えているからといって食べてしまう身体の本能を抑えるためには、食べる前に身体を温めてしまえば良いのです。養命酒、ショウガ、など、、身体を温める飲料を摂取したり、半身浴で身体を温めたり、足裏のマッサージをしたりと冷えを積極的に解消することで無駄な食欲を解消できます。

 

気が逆上せてると冷えているのに熱く感じる

 

お風呂に長時間入っていれない人の多くは気が逆上せています。頭に気が逆上せているので身体は冷えているのにお風呂に浸かっていれないのです。これだと身体は益々冷えてしまい脂肪を手放せない状態に陥ります。
適度に身体を動かすことで体内エネルギーを循環し逆上せを解消する必要があります。

食べ過ぎても反省はしない

 

体温が上昇する習慣を身に付けていけば身体は勝手に痩せていきますから一時的な過食など全く問題ありません。重要なことは身体が健康であること、栄養が満たされていること、冷えがないことです。この状態を作ることだけに集中すれば一時的な過食は全く問題ないのです。