出っ尻はなぜ起きるのか?

 

出尻とは何か?これは反り腰の方に多い特徴です。
反り腰は骨盤が前傾し過ぎている方に多い症状です。骨盤はなぜ前傾するのか。
骨盤は太腿前の筋肉の緊張で引き起こされます。太腿前の筋肉はなぜ緊張するか。
それはヒールなどを履くと如実に現れます。ヒールは前に体重がかかります。身体は前に倒れないように太腿前の筋肉、スネの筋肉でグッと堪えます。このメカニズムで脚前面の筋肉が過緊張を起こします。するとその筋肉に引っ張られ骨盤が前に前傾します。

 

だから女性に多い。

 

出っ尻の悩みは女性に多い症状です。ヒールが極度の脚前面の筋肉過緊張を引き起こし、これにより骨盤が前傾します。
すると前傾した骨盤に合わせるように出っ尻が完成します。
出っ尻の弊害は、次にぽっこりお腹と、猫背を作ります。

 

前太ももの過度な緊張は、太腿裏のセルライトを形成する。

 

前太ももが過度に緊張しますと、反対に太腿の裏側は弱ります。筋肉がなくなりぽっちゃりします。するとそこは血流やリンパの流れも悪くなりセルライト化が始まります。脂肪細胞に栄養が行かず繊維化してきます。

 

出っ尻は身体の歪みの象徴

 

出っ尻であるということは、骨盤の過度な前傾、ぽっちゃりお腹、猫背、太腿裏のセルライト。
この全てが内在していることの証明になります。

 

<関連ページ>

※年齢とともにお尻が大きくなる理由

※出産で体型が一変してしまう理由

※なぜ女性は下半身に脂肪細胞が多いのか?