重心位置がつま先に側になればなるほどふくらはぎは大きくなる

ヒールを履く方はふくらはぎが大きくなります。なぜならば前に重心がかかりますと当然後ろで踏ん張らなければならないからです。
骨盤が前傾している方はほとんどが前重心です。その場合、ふくらはぎは大きくなっていきます。

ではどのように後ろ重心に持っていくのか

重心を後ろ側に持っていく方法は、ハムストリングスに力が入りやすい身体にすることです。
そして太腿前の筋肉、大腿四頭筋の過度な緊張をほぐすことです。
そのようにして骨盤前傾をリセットし重心を後ろ側にもっていきます。

後ろ重心であればふくらはぎで踏ん張る必要なし

骨盤の前傾を改善し、後ろ重心にシフトしていきますとふくらはぎは頑張って踏ん張る必要がなくなっていきます。結果的にふくらはぎは痩せていきます。

外反母趾は前重心の典型的な症状

外反母趾は前重心の典型的な症状です。つまり外反母趾の方はふくらはぎが大きくなっているはずです。ふくらはぎの大きさと外反母趾の状態は比例します。

 

<関連ページ>

※山下裕幸美脚整体院のふくらはぎ肥大改善

※山下裕幸美脚整体院の外反母趾改善

※足裏筋肉の発達が脚を細くする