施術の最初は頭が動く感覚を忘れている

施術の最初は頭が動く感覚を忘れています。そのため施術を行っても何をされているのか分かりません。効いているという感覚すら失ってしまっているのです。そのため最初の時点では何が頭に起こっているのか理解できません。ところが施術を始めて30分ぐらいしますと頭に感覚が戻ってきて刺激を頭が理解し始めます。

 

最初は鋭い痛みを感じ始めるが徐々に気持のよい感覚が出来る

鈍感になって何をされているか理解できない状態からやがて鋭い痛みに変化してきます。そしてやがてそれを越えますと気持のよい刺激にシフトします。頭がその刺激を求めるようになります。ここまでくれば小顔矯正はほぼ成功です。あとは刺激を頭が求める限り加えていき頭の動きを作っていきます。

 

筋肉も頭皮も筋膜も頭蓋骨も組織である以上疲労が溜まっている

人間の身体は使えば疲労物質が分泌されます。この疲労物質は徐々に身体に溜まっていきます。そのためたまにマッサージを受けると気持ちが良いわけです。この疲労物質の排除を当院ではスピーディーに行います。ただ楽にするという疲労物質の排除ではなく形が変わるまで行っていきます。

疲労が無い頭部は動きがあるから顔は小さくなる

頭蓋骨、筋肉、筋膜、頭皮に疲労物質がなくなるレベルまで施術を行っていきますと頭蓋骨レベルで動きが活発んあっていきます。筋肉の疲労もないので顔の表情筋も活性化します。このように全てのパーツに動きを取り戻すことで小顔矯正を行います。

 

※当院にその他の施術メニュー