反り腰の人は体幹がなくなっている

反り腰の人は体幹がなくなり体幹部分が薄くなってしまっています。背中の筋肉、お腹の筋肉が削げ落ち多くの場合出尻です。体幹が欠如しているため背骨を筋肉で支える機能が低下し結果として背骨を背骨で支えているので腰椎症やすべり症、脊柱間狭窄症になりやすいのです。これが反り腰の方が抱える悩みです。

 

ではなぜ反り腰になってしまったか?

反り腰の方の特徴は先ずは出尻であることが挙げられます。出尻の方はその分骨盤が前に傾いていますから反り腰を誘発します。お腹に力が入り辛いので体幹部分の筋肉が欠落しさらにお腹が出るという悪循環に入るのです。お腹が出れば出るほどに力が入り辛くなるので体幹が徐々に落ちてしまうわけです。

 

反り腰、出尻は全てセット、合わせてアヒル体型と呼ぶ

反り腰と、出尻は全てセットです。この二つは合併症のようなもの片方だけということはありません。そのためこの二つの改善方法は同一になります。太もも前の筋肉の過度な緊張を取り除き骨盤を引っ張る状態をリセット、結果骨盤を立たせ先ずは出尻を解消します。骨盤が真っ直ぐに立っていればお腹が飛び出た状態ではなくなるため腹部に力が入るようになります。結果反り腰も改善されます。

 

反り腰、出尻も同じくヒールが引き起こす要素は強い

女性に反り腰が多いことからも分かるように反り腰はヒールによって引き起こされる部分が強くあります。ヒールは踵を高い位置に引き上げるためその分、体は前のめりになり太もも前の筋肉の過緊張を作り上げるのです。当院ではこの太もも前部の過緊張を取り除くとともに太もも外側、骨盤外側の過度な緊張も同時に取り除き反り腰、出尻を合わせて解消していきます。