大腰筋とは背骨と脚の骨を繋ぐ筋肉

 

大腰筋という筋肉があります。この筋肉、背骨と脚を繋ぐ筋肉です。
この筋肉を上手く使える身体は背骨を歩行に参加させれます。本来身体は背骨を軸にして脚を持ち上げる構造になっています。ところが現代人はこの大腰筋を上手く使えないため、背骨と脚が分離してしまっているのです。

背骨を使って歩けるか

 

背骨を使ってあるくとは、体幹を使って歩くということです。身体の中心を支えにして歩くことを意味します。
大腰筋が歩行の要になりスムーズにかつ力強く歩行を行います。中心を使ってあるくわけなので、末端の負担は減り脚は痩せていきます。

 

多くの方は背骨、つまり胴体を歩行に参加させていない。

 

ところが多くの方はこの大腰筋を歩行に使えていません。座りっぱなしの状態ではこの大腰筋は弱体化してしまいます。胴体の中心である背骨を歩行に使えていないのです。

大腰筋の活性化はハムストリングスの活性化に繋がる

 

大腰筋が活性化しますと、ハムストリングスも活性化されます。説明は省きますがこの二つは拮抗しています。
ハムストが活性化しますと脚の裏側を使って歩けるようになるので、脚の前側にある筋肉が削ぎ落とされて脚は細くなっていきます。

 

<関連ページ>

※便秘は体幹の筋肉欠如の証明

※体幹が強くなると脚が細くなる理由

※体幹部分の骨格筋率の重要性

※今話題の体幹トレーニングと美脚(脚やせ)の関係性