下半身が整い呼吸がしやすい体になると燃焼体質の体になる

当院で美脚作りのために下半身から調整していきますと体幹が強化されていきまして結果呼吸を司る横隔膜の動きが活発になっていきます。そうなりますと一回の呼吸量、肺活量が増えていきます。肺活量が増えますと体を燃やす酸素の摂取量も増えますから燃えやすい体になります。逆に言えば姿勢が崩れ体幹が弱体化し肺を動かす横隔膜の動きが停滞すれば呼吸は弱くなり燃焼しにくい体になるのです。

 

呼吸は体を燃やす代謝の高い体の基礎である

呼吸でもって体は酸素を体内に取り入れるわけですがこの酸素を血液に取りこみ体中に流していきます。ところが姿勢が悪い方は一回の呼吸でこの酸素を十分に摂取できないため体は徐々に低燃焼体質の体に変わってしまうのです。燃えにくい体になっていきます。車でいえばエンジンが小さい体になるのです。

 

代謝が下がれば食べなくても太りやすい体に

全く食べてないのに全然痩せない体は代謝の低い体です。食べても食べても全く太らない体は代謝の高い体です。同じ物を同じ量食べても太る人と太らない人に分かれるのは代謝の高低差によるものです。この代謝の高低差に影響を与えるのが呼吸です。一回の呼吸で酸素を上手く摂取できない体は低酸素状態に対応するために燃えにくい体にシフトすることで対応するのです。ちょうどガソリンが少なくなってきた時にエンジン回転数を抑えてガソリンを無駄に使わないようにしている状態です。

下半身の無駄な筋肉、無駄な緊張を取り除き、骨盤を立て、体幹に力が入りやすい体にする

当院では下半身にの無駄な筋肉、過緊張、疲労物質によって固まってしまった筋肉を施術でリセットし形を変えていきます。結果脚の上に位置する骨盤の傾きを正常にしさらにその上に位置する体幹がしっかりと力の入る状態にもっていきます。体幹に力が入ることで一回の呼吸量を増やし代謝を上げ痩せやすい体を作ります。