小顔を作る、歪みを取り除いて小顔を作る

小顔矯正の基本は歪みを無くすことです。歪みは頭の硬直が作りだします。硬直を取り除けば自然と歪みは無くなり結果として小顔が形成されます。小顔とは動く頭蓋骨を取り戻すことです。動きを取り戻した頭蓋骨は小顔になります。動きを取り戻すためにはあらゆる筋肉の制限、筋膜の制限、頭皮の制限を取り除くことにあります。

 

手技者として経験すれば分かる、動きが無い場所の不自然さ

頭蓋骨を探せば不自然な場所はすぐに分かります。動きがない場所は緊張が強く、硬直しています。その場所をリセットします。硬直が無くなり動きがなくなるまでその場所に刺激を加えてリセットします。動きを取り戻した場所は感覚が鋭敏になるとともに変な痛みも取り除かれます。

 

組織の再生を促し新陳代謝を活発にする

結局のところ硬直した組織は流れが悪いため新陳代謝が落ち組織が老化しています。動きが制限されているとともに組織自体の老化が進んでいます。この場所の流れを良くすることで組織の新陳代謝を上げ老化現象をストップします。小顔になるということは組織の流れを良くし、新陳代謝を活発化し老化現象を止める行為です。