小顔矯正とは顔を立体的にするメソッド

当院の小顔矯正は顔を頭を立体的にするメソッドです。小顔矯正とはそのままプリンターで顔を縮小するようなことえはなく歪んでしまった各パーツをリセットし伸縮性を取り戻し結果として顔を中心軸に近づけるメソッドです。多くの場合は顔、頭は立体的になっていきます。立体的になることであらゆる角度から見ても小さく締まって見えることになるのです。

 

立体的な顔にはメイクは不要

立体的な顔にはメイクは不要です。なぜならばメイクとは顔に陰影を作り美しくする効果をもっていますがその必要がなくなるのです。立体的な顔であるだけでメイクをする必要が少なくなってくるのです。欧米女性の彫りの深さに比べ日本人は平らな顔をしていますが顔を立体的にすることで自然な凹凸を作り出します。

 

洗濯ばさみで一箇所を抓めばそれだけで顔は変形する

本来であればどこからも引っ張られていない状態の顔ですがストレスがかかったり、睡眠不足が続いたり、頭を使いすぎたりすると組織に疲労物質が溜まりその部分の過度な緊張が固定化されます。 これにより顔に歪みや頭の歪みが固定化され結果立体性が崩れます。頭の形や顔の形に対称性が失われズレが生じます。このメカニズムが顔が崩れていくシステムです。

一つ一つの過度な緊張、疲労物質を取り除き再び立体性、対称性を取り戻す

頭蓋骨、頭皮、筋膜、経絡の全ての滞りを取り除くことで顔、頭の動きを再び回復させます。頭には多くの経絡が存在しこれは全身を巡っています。つまり頭、顔の滞りを全て取り除いていきますとそれは経絡を通じて全身に波及されるのです。全身の流れが良くなることで再び全身から顔へ効果がフィードバックされます。それによって顔の立体性、対象性を取り戻します。