巡りが悪いということは体中の細胞に栄養が届いていない

巡りが悪い体は体中に栄養素が届いていません。そのため廻りの悪い体は常に飢餓状態に陥ります体が飢餓状態に陥れば体は栄養を外部から取り込まなくてはならずその場合は大抵の場合空腹感がでてきます。空腹感がでますから常にお腹が空いた状態に陥るのです。これが過食のメカニズムの一要因です。

 

体の廻りを良くするだけで過度な食欲を抑制できる

体の廻りを整体施術で取り除いていきますと各細胞に栄養素が満ちてきます。その結果細胞は脳に飢餓状態である信号を送らなくなります。体は空腹感を感じなくなるのです。体の廻りを良くするだけで無くなる食欲は食事量が少なかったから引き起こされた食欲ではなく単純に巡りが悪かっただけなのです。

 

太っているのに食欲が止まらないのは本来はおかしい

体中の皮下脂肪や内臓脂肪が肥大化し太っているにも関わらず食欲が止まらないのは本来はおかしな状態です。使える燃料、栄養素が体に付着しているにも関わらずそれが使えないのは細胞レベルでは飢餓状態であるということなのです。人間の体は実は太っているほど栄養失調状態であるということなのです。当院では体の滞りを施術で取り除き廻りを良くし細胞レベルでの飢餓状態を解消します。結果無駄な食欲を抑制し皮下脂肪肥大を解消します。