げんりょう人 さくらぱ(ライブドアブログ)

当院で奨励するセルフストレッチを何十ページにも渡って四コマ漫画で紹介頂いています。

 

■大腿部四頭筋ストレッチ(太腿前ストレッチ)についての4コマ
※画像をクリック頂くとマンガに飛びます。

 

■脚を開くストレッチ(内転筋ストレッチ)についての4コマ
※画像をクリック頂くとマンガに飛びます。

 

■筋肥大化をする脚外側を削ぎ落とすためのストレッチ(大腿外側ストレッチ)についての4コマ
※画像をクリック頂くとマンガに飛びます。

 

 

げんりょうじん さくらぱさん ブログトップページはこちら

 

さくらぱさんに行ったセルフストレッチ指導について

さくらぱさんに行ったセルフストレッチは先ずは太腿前の無駄な筋肉を削ぎ落とす大腿部四頭筋のストレッチ、そして弱体化して脂肪太りの原因になる脚内側内転筋群のストレッチ、そして筋肥大化する脚外側を削ぎ落とすためのストレッチ、、、の順で行っています。さくらぱさん、ぷたてんさん共に脚の太さに結果がでており参考にして頂けると幸いです。

 

男性は特に(太腿前)大腿部四頭筋のストレッチで痩せやすい

ぷたてんさん(登場人物)の例でも分かるように男性は太腿前の筋肉がかなり固いためこれを伸ばすストレッチは脚やせに大変有効です。一方さくらぱさんのように女性はもともとこの筋肉が比較的柔らかい(男性よりも)ので太腿前のストレッチではそれほど効果がない場合もあります。脚を開くストレッチは弱った内側の筋肉を鍛えるのに有効です。さくらぱさんは脚内側の筋肉が弱体化してしまっていたため脚を開くストレッチが有効に作用します。

セルフストレッチの注意点

四コマ漫画の中でも紹介頂いてますがセルフストレッチの注意点は楽しく行うことです。人間はストレスが溜まりますとそのストレスに対応するため抗ストレスホルモン[コルチゾ―ル]が分泌されます。太古の昔人類にとってストレスは飢餓でした。そのためストレスがかかると身体は飢餓と勘違いします、コルチゾ―ルが分泌されると飢餓に対応するため代謝が落ち脂肪形成が促進され太りやすい体質に強制シフトされてしまいます。頑張ってストレッチをしますとその分コルチゾ―ルが分泌され太りやすくなります。楽しくストレッチをするとやった分だけ痩せやすくなります。ここがセルフストレッチのキモです。