ストレスが溜まったら、動いて発散する

 

ストレスが溜まった時、人はどのようにそのストレスを発散するかは千差万別です。例えばアルコールを飲んで発散する、暴飲暴食をして発散する、歌を歌って発散する、散歩して発散する。人によってストレス発散方法はまちまちです。

痩せるためのストレス発散は、動くこと

 

痩せるためのストレス発散方法は、動くことです。それはカロリーを消化するからといった単純な理由ではなく、ストレスに対して動いて発散することで、身体に「ストレスから逃げるためには動きやすい方が良いんだな」と思い込ませることができるのです。

ストレス溜まる⇒動く⇒動きやすい身体にしよう

という方程式を体に浸透させるのです。

ストレス溜まる⇒脂肪を減らさなくては、の境地

 

ストレスが溜まったら太るという方は、ストレスを食べて発散することを体に染み込ませています。ですからストレス⇒体脂肪増大なのです。

これをストレス⇒体脂肪減少という新しいプログラムに変更させるのです。そのためにストレス溜まったら動くという習慣が有効になるのです。

常日頃からストレスが溜まったら動く、を実践する

 

毎日の習慣の中で動く癖を付けていきますと、ストレスが溜まると痩せるというメカニズムが完成します。身体はストレスが溜まったら動くことが当たり前になってますから、ストレスが溜まれば溜まるほど、動くことに適した体になろうとするわけです。

毎日ストレッチをしてくと身体が柔らかくなり、代謝も上がり痩せやすくなります。ですがその裏には体が動くことでストレス発散しやすい身体にシフトしている、という要因もあるのです。