体の歪みから手が痺れることはある

手の痺れは多くの場合上腕神経が何かしらの体の部位に触れて、接触して引き起こされますがこの症状は多くの場合体の歪みから引き起こされます。体を建物であると考えますと上部構造は下部構造の影響を多大に受けます。基礎工事が不完全な状態の建物は傾倒しやすくなるのです。もしも下半身に歪みが生じている場合当然上半身はこの歪みの影響を受けその歪みは首を中心とした部位にも波及するのです。この歪みが上腕神経に影響を与え痺れるという現象が起こるのです。

 

手が痺れると多くの方は戸惑う

手の痺れを解消するには下半身からゆっくりと体を整え上半身に変な力みを生まない体を作り上げていく必要があります。下半身が歪んでいる限りその歪みは永続して上半身に影響を与え続けますから首が改善されることは一時的なものです。そのため多くの場合手の痺れ一時的に解消し、また再開しを繰り返すことになるのです。そのためこの痺れと一生付き合わなければならないのかと困惑します

美脚作りを行っていくと首が楽になる

脚の外側の無駄な筋肉の緊張を取り去り、体の中心に軸を作り、美脚作り脚やせを行っていきますと下半身の歪みが解消され体幹が形成され首が安定します。すると首の過度な緊張が弛緩され結果上腕神経への接触が解消、首の痺れが改善されます。

 

上半身に不快症状を持つ場合、先ず最初にその改善から気づく場合もあるい

上半身に不快症状を持つ方が美脚作り、足痩せで来院した場合、先ず最初に上半身の変化に気づく場合は多くあります。上半身は下半身に比べ脳に近いため不快感を感じやすく敏感です。体のセンサーが集中しています。そのため良くなった場合においても上半身から気づくということになりやすいのです。