代償動作とは何か?

 

代償動作とは本来使わなくてはならない筋肉の代わりに他の筋肉を使ってしまう動作のことです。この代償動作が多い身体は歪みが酷く代謝が低い身体です。本来の筋肉が使われず効率の悪い動作をしていますから身体は歪んでしまいますし姿勢は悪くなるのです。

 

なぜ整体で痩せるのか?それは代償動作を解消するから

 

理学療法士が行うリハビリテーションでは代償動作を行わせないために身体を固定し使いたい筋肉にフォーカスしてこの代償動作を抑制します。身体にズルをさせないようにして本来使うべき筋肉を使う習慣を付けるのです。

私が行います美脚整体はクライアントさんにポーズを決めることでこの代償動作によって肥大化してしまった筋肉をリセットさせます。ポーズを完璧に決めていくことで代償動作で歪んだ身体をリセットします。

 

ヨガもピラティスも整体も代償動作をリセットするエクササイズ

最も頻繁に行われる代償動作は利き腕で全ての動作をしてしまうことです。本来左手で行うべき運動を全て右で行ってしいまう。これが極端になりますと身体は歪みます。例えば偏噛、左右どちらかのみで噛み続けますと偏った筋肉が肥大化し、一方は弱体化し顔は歪み始めます。これら代償動作によって歪んだ身体をリセットするのがヨガでありピラティスであり整体なのです。

ポーズを意識すると代償動作を使えなくなる

 

ヨガやピラティスではなぜポーズを意識するのか?それはあらゆるポーズを完璧に決めようとするとこの代償動作を行えなくなるからです。代償動作は小さな動きの中では行えますが大きな動きのなかでは難しくかつ形にこだわることでより難しくなります。例えばヨガやピラティスのポーズをとる際得意なポーズと苦手なポーズが出来るのはこのためです。苦手なポーズとは普段代償動作によって全く使ってこなかった筋肉を使う動作、ポーズなのです。

当院ではこの代償動作のスパイラルを絶ち切るためクライアントにあらゆるポーズを決めその際発生する異常個所をリセットします。それにより代償動作ではなく本来使うべき筋肉を使える身体にします。