症状

Nさんはスポーツを本格的にされる方、スポーツによって脚が筋肉太りを、脚の筋肉太りと同時進行で脚内側が脂肪化しています。これは脚外側の筋肉の酷使によって脚内側が全く使えない身体に。結果脚内側の筋肉が落ちて脂肪化します。また外側重心の方はお尻も横に広がりそして落ちます。要は四角い形のお尻になり落ちるのです。中心に力がないため外側、側面にお尻が広がっていきます。またNさんは身体は柔らかく基本的には脚の状態は良い方です。ところがそれでも脚が太くなってしまう原因はある程度の柔軟性でストレッチをストップしてしまい本当に崩さなくてはならない場所にアプローチが出来ていない点にあります

 

解決方法

解決方法は本当に効かせなければならない箇所が効くまでストレッチをすること、身体の癖が壊れるようなレベルのストレッチを加える、ストレッチができるように身体の癒着箇所を壊すことにあります。普段一切使えていない箇所を使える身体に切り替えることで体幹から歩行が出来る体に進化を遂げ脚の長さを飛躍的に長くすることができるのです。その際スポーツのパフォーマンスは一時的に下がります。なぜならば脚が長くなることで身体の感覚が異なってしまうからです。ですがそこを乗り越えピントを合わせることでスポーツのパフォーマンスも上がり始めます。体幹を脚として使える身体に切り替えることでお尻などについた無駄な筋肉もそぎ落としていけます。