症状

Nさんは下半身太りと手の痺れの解消で来院頂きました。手の痺れは首の筋肉の緊張が強い方に多くこれは首の筋肉の緊張が上腕神経を刺激し引き起こされます。首を通る上腕神経が何かしらの圧迫を受け刺激されてそのまま痺れる原因となります。多くの場合この首の緊張は下半身の歪みから引き起こされている場合がりNさんもやはり下半身の歪み、下半身太りの解消と首の筋肉の緊張のリセット二つの同時進行が重要になります。

 

改善方法

Nさんは手の痺れの直接原因は首の筋肉の緊張であるため先ずは首の筋肉の緊張を直接手技で解放することが重要です。さらにこの首の緊張は猫背による首の前傾が引きこしていますからこの猫背を改善する必要があります。猫背の改善は下半身の歪みから改善する必要がありここからは下半身太り解消がそのまま猫背改善になります。Nさんの関心太りは全く脚のメンテナンスを過去してこなかったことから引き起こされました。足の外側の筋肉はガチガチに固まっており足内側の筋肉はほぼ使われいません。外側の筋肉のリセットから行い筋緊張、癒着を解消していきます。ストレッチが出来る身体ではないのでポイントで身体を変えていきます。外側のリセットに伴い内側を使える身体にすることで下半身太りを解消します。下半身が整うことで体幹が発達し猫背は矯正されます。それに伴って首の前傾も解消され手の痺れの再発を防ぎます。