症状

Mさんはデスクワークをされる方、慢性疲労と、自律神経系の衰弱、下半身太りで悩み来院頂きました。Mさんの身体は体幹を中心に筋力が身体を支持できない身体になっています。座り仕事を長く続けますと股関節周辺を中心に岩のように固まり、逆にお腹、背中に全く力が入らない状態に。それを補う形で肩周辺に力が過度に入り肩凝りと化します。この状態が続くと慢性疲労、自律神経の疲れが取れない身体になっていきます。下半身は股関節を中心に岩のように固まり上手く使えていないのでその分、脚そのものが太く逞しくなっていきます。

 

解決方法

女性は男性よりも筋肉が少ないため、筋力不足からの歪みが強くでます。Mさんはその典型的な形。先ずは岩のように固まった股関節中心の筋肉を解し股関節の動きを取り戻していきます。股関節の動きを取り戻すだけでしっかりと歩けるようになるので上半身のアンバランスな歪みも解消されます。上半身も肩甲骨を中心に筋肉に癒着が酷いのでそこを解消、股関節、肩甲骨の動きを同時進行で改善します。体の動くべき箇所が動くことで四肢の動きが自由になり慢性疲労が解消されていきます。筋力が徐々に回復されることで首も安定し自律神経の疲れも回復しやすくなります。