症状

Kさんは社交ダンスの講師をされる方、ダンスの時にイメージしたようなポーズや立ち方が出来ないということで来院頂きました。先ずKさん下半身が歪んでいて、上半身の体幹が欠落しています。これでは上手く立てないのは当たり前です。下半身の外側に力が入り入れるべき内側、体幹に全く力が入らない状態なのです。さらに良い姿勢を作るために上半身、肩周辺に変な力が入ってしまっています。これが固形化されることで負のスパイラルが完成しました。

 

解消方法

スポーツを本格的にしている方、特に姿勢を良くしようとするスポーツは無理な姿勢を無理やり改善しようとすることでおかしな場所におかしな筋肉が付いているケースが多々あります。先ずはこのおかしな筋肉を取り除く、リセット、癒着を解消することからスタートします。Kさんの場合は股関節周辺、骨盤周辺の固形化はかなり強くそこから解消します。そして肩周辺、肩甲骨周辺をリセットすることで自然と体幹、コア、インナーユニットに力が集まる身体にシフトしていきます。中心に力が集まる身体にすることで末端である脚、腕を細くしていきます。しっかりとお腹で立てる身体になります。