症状

Aさんはヨガのインストラクターをされる方、脚の外側、前面の筋肥大、肩幅の肥大解消を目的に来院頂きました。Aさんのようにヨガの先生をされている方に多いのがヨガのポーズの完成にストイックになり身体が逆に壊れていくケースです。ヨガのポーズは立位であったり座位であったりするわけですが体の癒着、硬直を無視してポーズ完成を目指すと身体が追い込まれ壊れていきます。無理をして良い姿勢を作ることで肩幅も大きくなっていくのです。

 

改善方法

先ずはヨガのポーズを完成させることにこだわることで逆に身体が壊れていくことを理解いただいた上で、ヨガをするために作られてしまった筋肉を壊していきます。プラスで作っていった筋肉を逆にマイナスにそぎ落としていきます。それは脚外側の筋肉、前面筋肉、ふくらはぎ外側の筋肉、肩甲骨周辺の筋肉だったりします。全て外側についてしまった筋肉です。股関節周辺の筋肉も弛緩し、股関節の大本から使える身体にシフトするとともにパーツベースで癒着を剥がします。元々筋肉質なので身体の使い方を正すだけで内側中心、肩幅が狭い姿勢に改善されます。