症状

Mさんは首の痺れを悩まれ来院頂きました。Mさんの手の痺れの直接的な原因は首から腕に流れる上腕神経に首の筋肉が触れて痺れを誘発したものです。普通は首の筋肉が上腕神経に触れて痺れになることはないのですが首の筋肉が過度に緊張すると神経を圧迫し痺れになります。

 

解消方法

Mさんの首はあらゆる原因で固くなったわけですが先ずは首の筋緊張を直接取り除くことで上腕神経への接触を解放します。これで痺れはなくなります。首は身体の最上部に位置しますから下部構造の影響を最も強く受けます。Mさんは臀部周辺、股関節周辺、骨盤周辺の緊張が特に強くここから身体の歪みを作り出し首に異変を作り出していました。またMさんは仰向けに寝れないという悩みも持っていましたがこれも骨盤周辺の塊が寝苦しさを作り出しています。寝ている際に、骨盤周辺の塊が気になってしまうのです。骨盤周辺、股関節周辺の癒着、硬直を取り除くことで仰向けで寝れる身体にします。