施術後、だるくなたったり発熱があったりするのは、、、、

施術後だるくなったり、発熱があったり、下痢等がおこることがあります。これは好転反応と言いまして体中の疲労物質が体中を巡ることによってその処理が間に合わず体外に上手く排泄できないことからおこる症状です。体の排泄能力を上回る疲労、毒素を施術によって巡らせるために肝臓、腎臓がフル回転でその処理にあたるわけですが処理が間に合わない時に起こります。

 

脚の疲労物質は極端に少なくなる

当院は美脚整体、脚の健康美を目指す整体院ですから脚を中心に施術を行っていきます。そのため脚の疲労物質を徹底的に取り除いていきます。その疲労物質は血液やリンパを通って体外に排出されるよう流れていきます。脚の疲労は人によって感じにくいため疲労物質が流れ出て初めて実は脚に疲労が溜まっていたことを知ることになります。

 

頭の疲労物質も流れるとすぐに気付く

脚同様に小顔矯正の流れで頭の疲労物質もしっかり取り除いていきますと軽くなるとともにフワフワ状態になります。いかに頭が凝っていたのかいかに頭が固くなっていたのかが分かります。頭皮に溜まった疲労物質、筋肉、筋膜、頭蓋骨とあらゆる部位に疲労は溜まっています。

 

何度も施術を受けていくとダルさなどの好転反応は起きなくなる

最初の何回かは好転反応を感じるケースもありますが回数を重ねて行きますと徐々に反応は起きなくなっていきます。それは疲労物質が徐々に減少するため一回の施術での排出にそれほど排泄器官が負担を背負わなくなってくるからです。この好転反応の減少こそ施術が効いているか否かの判断にもなります。