施術時の痛みの強さは体の不具合の尺度になる

施術時にどの程度痛みがあるかどうかで体の不具合の程度は判断できます。全ての部位が痛い場合体は全体的に滞っており全く流れていません。ですが一回目の施術で痛みは軽減するため二回目ではかなり痛みの程度は変化していきます。この痛みの変化がそのまま体の変化、体型改善、美脚作りの進化の過程を意味します。

 

全ての部位が痛くなければ美脚、体型改善はほぼ完成したことになる

施術を重ねていきますと施術時の痛みが軽減していきます。施術毎に痛みが軽減し痛いという感覚がなくなっていきます。施術ではこの痛みを全くない状態にもっていくことを目標にします。痛みが軽減すればするほどに体型改善は完成されていきます。美脚作りが完成します。

 

ヒリヒリと痛い状態からじっくりと痛い状態に変化

施術の当初は外側が特に滞っているため表面に強く痛みを感じます。中に効いているというよりも外側に強く痛みを感じます。ヒリヒリと表面的な、皮膚に沿った痛みを感じます。施術を重ねていきますと表層から深層に効く感覚がシフトしていきます。そして表層は痛いというよりも快の感覚を感じていきます。インナーマッスルに響く施術は立ったときに中心で立つ感覚を覚えます。