刺激が届きにくい体は強い刺激を入れるため施術時間が短いケースもあります

当院の施術では刺激が届きにくい方、脂肪や筋肉が硬直化しすぎているために強い刺激を入れざるを得ないケースもあります。その場合は刺激が強くなる分体の負担も強くなるため施術時間も短くなるケースがあります。特にヘルニアなど深刻な症状をお持ちの方は筋緊張がマックス状態になっている場合もありそのような場合は強い刺激を短時間で集中して入れるため施術時間も短くなります。

 

その体に最も有効な圧を選んで一人一人変える

体は一人一人異なるため適正な圧は一人ひとり異なります。女性の場合極端に筋肉が少ない方もいれば逆に立ち仕事などで筋肉量が多い方もいます。ですので適正な圧も一人ひとり異なるわけです。自然な圧、強さで適度に効く場合は時間は通常通りになりますが極端に筋肉が硬い、脂肪層深いなどあれば圧を強めていかなければならず必然的に体への負担が増し施術時間も短くなります。

 

施術の反応は一人ひとり異なる

体の状態が異なれば施術の反応は一人ひとり異なります。一回の施術で大きく反応する方もいればそうでない場合もあります。また体が当院の刺激に慣れていくことで刺激に対し反応を起こしてくれやすくなります。刺激に対する怖さがなくなり体が刺激を肯定的に捉えるようになると刺激に対する反応は良くなっていきます。

 

<関連ページ>

※ よくある質問