日本人はなぜ内股なのか

 

日本人特有の内股、これは海外では珍しい姿勢です。日本では女性は内股でつつましくしているのが美とされてきました。ですので文化として内股が奨励されている感があります。
外国人からするとこの内股は非常に目立つようです。

内股であるということは坐骨が開いた状態

 

美脚を目指す上ではこの内股は解消しなくてはなりません。内股は最終的に下半身太りになります。
なぜか?
試しに内股の状態を意識して作ってみれば分かります。内股にするには坐骨を開いた状態にしないと出来ません。坐骨を開き気味にして外に力をいれないと作りだせないのです。

逆にガニまたを作ろうとすると、お尻をきゅっと締めなければ作れません。坐骨を締めた状態です。

内股に無意識になってしまう方は、無意識に坐骨が開いた状態です。

 

内股を改善すれば美脚に近づく

 

先ずは内股を辞めることに意識を向けなくてはなりません。
内股を改善する方法は、反対に開脚することです。
外側でなく内側に力の入る身体にすることです。

当整体院では、開脚のストレッチをあらゆる角度で行えるように導いていきます。
開脚が出来る身体は骨盤を締めることが出来る身体です。脚の形は変わっていきます。

内股の弊害

 

内股の弊害は、骨盤だけではありません。坐骨が開き、外側立ちが癖になります。外側立ちは脚を太くします。
なぜか?外側で立つことは本来不自然な立ち方です。不自然であるということは立ちにくいのです。立ちにくい状態で無理して立ちますから、無駄な筋肉を発達させます。

そして正常な筋肉が弱くなり、ますます外側の筋肉が張り出していきます。

 

※山下裕幸美脚整体院の内股改善