食べたものが消化されなければならない

 

先ず食べたものが消化されなければなりません。食べ物が消化され単純な要素に分解し身体が原料として使える形にしなければなりません。ところが現代人は肝腎の消化酵素が不足しているためこの消化が上手くいかないのです。消化酵素が不足する原因は加工食品(酵素を含んでいない)の摂り過ぎ、農業用農薬などによる酵素減退、熱処理する調理による酵素の死滅があります。これらの理由から酵素が減退し消化が上手くいっていないのが現状です。

消化された栄養素が細胞まで届かなければならない

体に対するマッサージ、ストレッチなどのケアを怠っていますと消化された栄養分を血液に乗せて各細胞に送ることが滞ります。どんなに消化器官がフル回転し食料を分解、血液に吸収できても循環が悪くては各細胞まで届けることができません。

各細胞まで栄養素が届いても細胞が吸収出来なければ意味がない

 

消化されて血液に吸収された栄養は、身体中に行き渡るのですが、ここでしっかりと細胞内に吸収される必要があります。各細胞に栄養素が吸収されて初めて身体は栄養状態が良い、ということになります。

各細胞に栄養素が行き届けば身体は体脂肪を落とす

 

各細胞に栄養素が常に行き届いている状態、これを健康状態と呼びます。この状態が続きますと身体は安心して脂肪を手放し始めます。食べる質にこだわり、食物酵素を豊富に摂取していきますと消化が先ずスムーズになり、またストレッチやマッサージで柔らかくなった筋肉の効果で良好な血流にのり各細胞に栄養素が行き届きます。結果、身体は脂肪手放しモードに変換されスマートな体になっていきます。