得意な筋肉のみを使う歩き方を壊す。

人は放っておくと得意な歩き方に引っ張られます。この得意な歩き方とは、動かしやすい筋肉を利用した歩き方です。

動かしやすい筋肉は人それぞれ異なりますが最も特徴的なのが太腿前の筋肉、大腿四頭筋です。この筋肉の発達具合が身体の歪みの指数になると言っても過言ではありません。

部活動の後メンテナンスしてない身体はほぼ100パーセント太腿前が大きい

学生時代に運動部などに属していた方で、部活動後に一切メンテナンスをしていない方はほぼ100パーセント、太腿前の筋肉が異常に発達しています。

この筋肉は本来ブレーキ筋であり過度に発達する必要はないのですが、ほぼこの筋肉が発達してしまっています。

このブレーキ筋を使って全ての活動を行っています。

 

メンテナンスしている脚はハムストリングスが発達している。

逆にメンテナンスをしている脚は太腿後ろ(ハムストリングス)が発達しています。この筋肉が活性化し発達している脚は細く美しい脚です。

そして内転筋、この脚内側の筋肉も美脚筋と呼ばれるほどに重要な筋肉です。

 

外側の癖を壊し、中心で歩ける身体に促す

脚の外側の無駄な筋肉を取り除いていきますと、上半身も外側の無駄な筋肉が削ぎ落とされていきます。

外側の無駄な筋肉を削ぎ落としていきますと、中心に軸が形成され、体幹、脚内側を使った歩き方に変わります。さらに腸腰筋を使い脚を体幹で上げることが出来るようになるのです。脚を脚の筋肉で持ち上げる必要がないため脚は徐々に細くなっていきます。

過去の癖を取り除くことで、新しい筋肉が発達しやすくなり美脚に必要な筋肉が形成されやすくなります。