脚を鞭のように使えれば足音は小さくなる

歩く際に脚を鞭のように体幹から使える脚の使い方が出来れば足音は小さくなります。足音をドンドンと鳴らす歩き方は脚を脚だけで歩く歩き方なのです。歩く際に足のみで歩く歩き方をしていますと歩けば歩くほどに足に負担がかかり結果脚が太くなることになります。

 

脚を中心から鞭のように使いこなすには?

脚を中心から鞭のように使いこなすにはどうすれば良いのでしょうか?先ずは末端である脚の凝り固まった筋肉をほぐすことにあります。末端である脚の筋肉が凝り固まっていますと歩く際にこの筋肉を使うことが形状記憶されてしまっています。ですから先ずは脚のこの癖を取り除いていきます。

 

末端の癖が無くなっていけば体幹中心の体に自然とシフトする

末端である脚の癖を取り除いていきますと体幹が再び蘇っていきます。末端主体の体から体幹主体の体に徐々にシフトしていきます。末端に形状記憶された体の癖が取り除かれ再び中心から脚を鞭のように使いこなす体になるのです。

 

バタバタと音を立てて歩くとき脚は重い負担を強いられている

末端中心の体の使い方は末端に強い負担を強いられます。末端である脚が負担を強いられる時、関節は体重の負担を強く受けます。そのため間接を守るように無駄な筋肉、脂肪が形成されるのです。膝が痛くなったり、外反母趾になったり、脚がむくんだりんと脚にまつわる不快症状のベースにはこの原理が働いています。