身体を歪める最も大きな要因は太腿前の筋肉群

身体を歪める最も大きな要因は太腿前の筋肉群の硬直、肥大化です。これらの筋肉群は本来ブレーキの役割を果たしますがそのブレーキ筋が大きく発達し身体を歪めるようになります。アクセルの役割を果たす太腿裏(ハムストリングス)は機能を落とし代わりに太腿前が大きく肥大化します。アクセル筋は弱体化しその上に脂肪が付きます。

ブレーキ筋を外すだけで身体は歪みから解放される

 

太腿前の大腿四頭筋群をリセットする、硬直を取り除きますと骨盤の倒れが解消され骨盤がフラットな状態になり身体は歪みから解放されます。歪みから解放された身体は太腿裏のハムストリングスが発達しその上に付着した脂肪が無くなります。さらにお腹に力が入るようになり内臓脂肪も消えやすくなるのです。巻き込んだ肩は後方に戻り胸が大きく開きます。

アクセル筋が使えるようになると歩き方が大きく大胆になる

 

太腿前の筋肉(大腿四頭筋群)がリセットされますとアクセル筋をフル稼働出来るようになります。全ての行動をブレーキではなくアクセル主体で行うことができるようになるのです。アクセル筋主体の脚はブレーキ筋主体の脚に比べ細くなります。それは本来歩行はアクセル筋主体であるほうが効率が良いからです。無駄な筋力を必要としません。歩き方は大きく大胆になります。代謝は上がり燃えやすい身体にシフトします。

アクセル筋:ブレーキ筋=7:3の黄金律

 

多くの方はブレーキ筋:アクセル筋=7:3になっています。この割合をそのままひっくり返します。アクセル筋:ブレーキ筋=7:3にします。そうすることで身体は無駄のない動きを手に入れます。ブレーキ主体ではなくアクセル主体の身体は歩きやすくまた身体全体を使って歩くことが出来るのです。

当院では先ずブレーキ筋のリセットを行います。ストレッチと手技の合わせ技でブレーキ筋を解放しアクセル主体の身体に切り替えます。