代謝酵素が圧倒的優位な状況とは

 

身体は代謝よりも消化を優先します。飢餓を長く経験した人類は消化吸収が身体にとって最重要事項であり消費排泄といった代謝活動は消化吸収に比べ後回しにされます。
例えば夜は本来代謝酵素が大活躍するべき時間です。疲労物質を分解し身体の中をクリーンにしようとします。

ところが寝る前に大量の食事を摂取してしまうと消化吸収に酵素をとられ代謝に酵素がまわりません。この場合身体は汚れ疲れがとれません。

代謝酵素を圧倒的優位にするための最高の方法がファスティングです。

 

消化酵素を節約するために

 

消化酵素を節約し、代謝酵素に大活躍してもらえれば身体は綺麗で健全な身体を手に入れることができます。摂取する食事量が多すぎるもしくは消化酵素を含まない加工食品ばかりを摂取しますと消化酵素が相当量分泌されてしまいます。代謝酵素は不足し身体は汚れます。ですから摂取する食事を管理することは大変重要です。

ですが最も効果的に代謝酵素をフル活躍する方法がファスティングなのです。固形物が無くなることで消化酵素は大量に分泌されず、代謝酵素が大量に分泌されます。
代謝酵素が圧倒的優位な状況であれば今まで修復されてこなかった部位や、排泄しなければならなかった有害物質に手を入れることができます。

ファスティングで内臓筋を休ませる

 

内臓の活動は内臓筋で行われています。この内臓筋使い続ければ当然疲れます。疲れが溜まれば活動が滞ります。活動が滞った状態でも私たちは日々体内に食べ物を入れますから内臓筋は疲れた状態で惰性で活動を続けます。この惰性の活動をリセとする方法がファスティングです。食事摂取を絶つことで胃腸を中心とした消化吸収器官は休息に入れるわけです。