飢餓だけでなく寒さとも闘ってきた人類の歴史

 

人類の歴史で闘ってきた大きな要素は、飢餓、寒冷、他の動物からの襲来です。
今回は2番目に掲げる寒冷と人間との戦いについて説明したいと思います。

人間の身体を温めるには、骨格筋を正しく付け、その筋肉を柔らかくキープする方法と、体脂肪を豊富に付け断熱材として身体を守る方法があります。

そのため筋肉を正しく付けていれば体脂肪は付きにくく、筋肉が無ければ体脂肪を豊富に付けます。

 

女性の身体は子宮を守るために下半身に脂肪が付きやすい。

 

特に女性は子供を生むという重要な任務を持つため、子宮周りには多くの脂肪を付けます。特に筋肉が不足している女性は筋肉による発熱効果を期待出来ないため脂肪に全任務を期待するわけです。運動療法の意義はここにあります。

最低限の筋肉形成は下半身太り解決の必須課題になります。

 

筋肉が固まり、関節の動きが固まり、リンパがつまり循環が鈍って冷える

 

気・血・水の流れが鈍れば身体は冷えます。リフレソロジ―など脚のマッサージを行うと一日中身体が温まるのを経験したことはあるかと思いますが、、身体は筋肉に乳酸が溜まれば固くなりますし、体液が循環不足に陥ります。筋肉が硬くなれば関節も固くなり、関節部分でさらに体液は滞るのです。

滞れば熱を発生させるメカニズムも不活性になり身体は冷えていきます。冷えれば加身体は体脂肪を付けて冷えを乗り越えようとします。

 

冷えているのに痩せているのは危ない、、、

 

子供を宿し子孫を残すことが女性の体の役割であるのに、冷えていても痩せている身体は非常に危険です。冷えに対し脂肪を付けるというメカニズムが機能していません。
脂肪を付けて飢餓や冷えを乗り越えてきた人類存命プログラムが機能しないのはなぜでしょうか?
胃腸の力が落ち、肉を作るパワーがないのです。東洋医学では肉を作るのは土のエネルギー、これはすい臓、胃が当てはまります。冷えているのに痩せていることを良しとする女性は大変危険な状態であることを認識しなくてはなりません。

当院では、筋力強化を重要項目と捉えあらゆるストレッチを行います。さらに各関節の動き、筋肉の癒着をリリースし体液が巡る身体を目指します。

発熱出来る筋肉とそれを可能にする体液の循環を施術の中で可能にしていきます。