身体はストレスがかかった状態を嫌う

身体は長期的にストレスがかかった状態を嫌います。ストレスがかかり続けますと身体は抗ストレスホルモン(コルチゾ―ル)を分泌し身体を守ろうとします。この抗ストレスホルモン(コルチゾ―ル)が分泌されますと代謝が落ち、体脂肪を増やします。人類の歴史においてストレスとは飢餓でした、そのため身体はストレスがかかった状態を飢餓と勘違いするのです。そのためストレスがかかるとホルモンの影響で代謝が落ち太るというメカニズムをたどります。

女性にとって体型改善、ダイエットが永遠のテーマである理由

そのような理由から女性にとってダイエットは永遠のテーマになってしまいました。頑張って痩せるということが難しいのが人間の身体なのです。頑張る=ストレス=代謝が落ちる=太るのメカニズムです。ですから体型改善は無理をしてはいけません。楽しくルーティーンに身体を動かして健康美をを追究することが重要です。インスタントに自分に負荷をかけ安易に痩せようと頑張れば、頑張った時点で太り始めるのです。

 

身体のことを深く理解すればするほど痩せるのは簡単

ですから今日はストレスが溜まっているからトレーニングは辞めようと決めるのは大変正しい決断なのです。ストレスが溜まっている状態は太りやすい状態なのでその時は自分に負荷をかけてはいけません。大切なことはストレス発散です。ストレス発散がダイエットです。その日の気分でトレーニングやストレッチをするかどうか決めることは正しいダイエット、体型改善です。

身体を機械と同じように扱うと失敗する

身体は生きてますから毎日状態は変わります。気分も変わります。疲労具合も変わります。ですから自分への負荷はその日の気分で決めるのが一番です。最低限のルールを気ままに守るのが最も有効なダイエット、体系改善に繋がります。最初から無理な強制ルールを設定すると途中からストレスが溜まり、結果身体は太り始めるのです。