肩こりも腰痛も、頭痛も痛みを利用して体が体を守っている

肩こりも腰痛も、頭痛にしても全ての痛みは体が体を守るための防衛本能です。全ての痛みはこれ以上体が歪んだり、緊張したり、酷使したりをしないように防ぐために痛みとして体自身がメッセージを体に送っているのです。ですからそのメッセージを無視してはいけません。無視すればそのメッセージは益々大きくなって(痛みとして)体に訴えかけてくるのです。

 

脚がむくむのは脚の使い方を間違えている証拠

例えば脚がむくむのも脚の使い方を間違えている証拠です。歩き方が間違っています。間違えた歩き方をしますと一部の筋肉が異常に酷使されまた一部の筋肉が全く使われない形となりポンプ作用が衰えむくむという症状が起こるのです。何かしらの対策を練らなければそのまま症状が消え去ることは難しいのです。

 

外反母趾も体が発する体の使い方を間違えているというメッセージ

外反母趾にあっても同じことです。先ずは足の指の形が変形を起こし徐々に痛みが発生し始めます。当初指の形が歪む程度では痛みは感じません。歪んでもそにままにしやがて体が我慢が出来なくなり痛みとして体自身に訴えかけているのです。ですから痛みはその症状の根源を解消しますとスッと消えます。痛みはただのサイン、メッセージですから素直にそのメッセージのこん根拠をリセットしてしまえばメッセージである痛みは消えるのです。

体にとって良い刺激は快と感じ体にとって悪い刺激は不快と感じる

体にとって良い刺激は体は快と感じるようになっています。体にとって悪い刺激を体は不快と感じますから施術時はその快か不快かを頼りに刺激を入れていきます。体から快のメッセージを受け取り続けていけば体はどんどん良い方向に引っ張られていくのです。やがて痛みというメッセージも消え去ります。