理想のダイエットは体重が一旦増えた後に減る

 

体を栄養失調にすることなく、飢餓状態にすることなく、健全に減量しようと考えた場合、、理想のダイエットは体重を一旦増やし、その後減らすというイメージ作りが重要になります。

身体中に栄養素を満たし、身体が体脂肪の必要性を無くす、その後身体が体脂肪低下を促すようホルモンバランスを再構築するダイエット、減量が理想的です。

そのためには先ずは身体中の細胞一つ一つに栄養を行き届かします。不足した栄養素を積極的に摂り、身体中の細胞を実っした状態に持っていきます。

 

体重が何キロ増えようと、全ての細胞が栄養に満ちれば痩せるのは簡単

 

痩せやすい体質に切り替えることが最も重要なことであり、太りやすい体質の状態で2,3キロ痩せようと何の意味もありません。痩せ体質、脂肪手放しモード、痩せたい体に切り替える最重要課題は、細胞レベルでの飢餓を克服する必要があるのです。

そのためにヨガ、マッサージ、整体、ストレッチなど補助的なサポートは有効です。

当院では、身体中に栄養素を行き届かせるために養命酒を勧める場合もあります。
弱った胃腸では、栄養素をスムーズに消化吸収できない為、細胞への栄養供給が低下しやすくなります。この状態で体の体脂肪率設定を下げることは不可能です。

養命酒など滋養強壮飲料で胃腸を回復させることはダイエットには有効です。

 

スカスカではなく栄養満点の食材を摂る

 

世の中には痩せやすい食品と太りやすい食品があり、なるべく太る食品は避けようというのが世の常識ですがこの理論では簡単に栄養失調になり身体は貯め込みモードのスイッチが入ります。

栄養価が高く身体を健康にしてくれる食材が結果的には痩せる食材であり、栄養素スカスカの食べ物を食べて痩せようとする安易な方法は全て失敗します。

身体を栄養で満ちさせる、つまり太ることを目標にすることで、逆に身体はスリムになっていきます。